2016年度第1期発表会の1コマ(2016.5.29)

合奏部門 受講申し込み お問合せ

[2017年年度第1期:2017年2月~2017年7月]
☆ヴィオラおよびチェロパートは今期満員となりました。ヴァイオリンパートは引き続き募集中

■「椎名町ストリングアンサンブル」■ 
「椎名町ストリングアンサンブル」は
「バッハはうす」が企画するバッハハウス・ミュージック・アカデミー主催の弦楽合奏講習会です。
毎回参加する講師陣と 共にディスカッションと実験を重ねながら課題を仕上げていきます。譜面の読み方、具体的な奏法から
アンサンブルの作り方、音楽の表現の仕方まで幅広いテー マでディスカッションを行います。各パートに講師陣が付きますので初めての方でも安心してご参加頂けます。

=今期のポイント=
講師:馬場隆弘(元東京交響楽団チェロ奏者)

今期はJ.S.バッハの「コーヒーカンタータ」、「音楽の捧げもの」そしてコレルリの合奏協奏曲作品6-1に取り組みます。

「コーヒーカンタータ」はバッハの作品の中では珍しい世俗カンタータで、コーヒー好きな娘と止めさせようとする父親とのやり取りを面白おかしく描いた30分程度の曲です。3名のソリストとフルート、チェンバロを伴います。ソリストの方と相談してお芝居も入れた演出を考えています。

「音楽の捧げもの」はバッハ晩年の作品でフリードリヒ大王が与えたという「王の主題」に基づくフーガとカノンの作品群です。50分程かかりますが、途中室内楽編成の部分も多いので全員で弾く曲は少ないです。楽譜は完成された形になっていないので楽器編成には様々な可能性があるため、短く声部の少ないカノンは我こそはという方にソロで弾いて頂こうと思っております。こちらもフルートとチェンバロを伴います。

コレルリの合奏協奏曲はヴァイオリン2パートとチェロにソロがあり合奏部分は全員で弾く事になるので、しなストのスタイルにまさにぴったりと言えるでしょう。

3曲ともバロックの音楽なのでこれまで取り上げてきたロマン派の音楽とは趣きがだいぶ違いますが全ての基礎となるものです。音色やハーモニー等基礎的な練習からバロック音楽特有の表現を取り入れて大切に練習したいと思っています。


=今期概要=

♪曲目:
J.S.バッハ 「コーヒーカンタータ」全曲 
J.S.バッハ「音楽の捧げもの」全曲
コレルリ 合奏協奏曲 作品6-1 

♪本番日時と会場:2017年7月2日(日) 会場「バッハはうす」
         

♪練習予定日:2/28、3/14、28、4/11、25、5/16、30、6/13、20、27(すべて火曜日/夜19時15分〜21時15分)
         ※毎回練習後に軽い懇親会(無料)があります。


♪受講料=17,000円(全10回)
     *別途7月2日の演奏会参加費がかかります。
     *受講料のお支払いは、一括または2回の分割払いのいずれかをお選びいただきます。
       納付締切:一括=2017年3月14日、分割=1回目:3月14日(8,500円)、2回目:5月16日(8,500円)


♪申込受付締切:(第2次)2017年4月11日
注意事項
・原則的には7月2日の演奏会に参加する事が前提ですが、練習のみの参加も承っております。

・締め切り後も満員でない場合は申し込みを受け付けは継続します。
[企画・運営]合同会社東京室内樂工房バッハはうす事業部
■営業時間:午前11時~午後9時(受付業務は午後8時まで)
■月曜定休(月曜が休日の場合は営業、翌日休業)


BachHouse MusicAcademy

HOMEBachHouse Music Academy トップページ個人レッスン 部門室内楽部門合奏部門