チェロ演奏台レンタルのご案内「SoundPodium」

 

弊社東京室内樂工房にてこのチェロ演奏台を購入しました。
「SoundPodium」というドイツ製のもので、
ミーシャ・マイスキーやロストロポーヴィチなどの世界的プレイヤーが所有しています。
その台上で演奏する事によって舞台上での見栄えをより良くし、
ボリューム不足を解消する絶大な効果があります。
チェロはエンドピンを伝って床に響きを伝えますから、
床が振動を増幅してくれる事はソロ奏者にとって大きな安心感となります。
ホールによっては「ひな壇」の一種として似た物を保有しているところもあります。

製品の詳細は以下でご覧いただけます。

celloshop.com

 

単なる台ではなく、より共鳴するように「f字孔」や「バスバー」まで付いた設計となっています。
音量が増すのはもちろんのこと、
音質をより明るくしたりチェリストの共通の悩みである「ヴォルフ」の軽減にも役立つと言われています。
エンドピンを立てる場所は3箇所決まっていて、
どちらでも裏に付けられたバスバーの真上に来るように設計されています。
バスバーは台の板全体に振動を伝え、f字孔で響きを増幅させます。

しかも増幅された音は奏者の目の前で広がりますから効果は絶大です。

「音色が明るく響くようになって後ろにも音が広がってきました!
指揮者の先生も『こんなに変わるんだね、いいねぇ!』
とおっしゃっていました!」
(ソリストが利用された際にオケで弾いていた奏者の方談)

弊社で購入した物は折りたたみ式で、
長さ:140 cm 幅:82 cm 高さ:9 cm 重量:約 10 kg です。
少々嵩張りますが持ち運びも可能です。
(上が折りたたんだ状態です、折りたたむと長さが70cm)

上記のCelloshopにある写真ではロストロポーヴィチやマイスキーが実際に使用しています。

写真は⇒クリック


サイト内の写真は折りたたみ式ではなく高さ15cmのソロイストエディションとなっていますが
平面の大きさは全く同じです。(長さ:140 cm 幅:82 cm) 参考になさってください。

発表会や演奏会、レコーディングなど、また単に試してみたいなどの際にレンタルいたします。

1回で5日間のレンタル期限を設け、10,000円(消費税送料別)にて承ります。

 

2009年秋のバイエルン放送響でソリストを務めた、ヨーヨーマも使用している事が明らかに…!

 

レンタルご希望の方は東京室内樂工房までメールにてお知らせ下さい。

こちらをクリック

メールにてご利用希望期間と使用する場所をお知らせください。
(ご連絡はパソコンからのメールが受信可能なアドレスでお願いいたします)
折り返しレンタルの可否と使用料のお見積り、その後の手続き方法についてお知らせいたします。


※弊社休業日はご対応ができませんのでご注意ください。※
定休日=毎週月曜(月曜日が休日の場合は翌日休業)
年末年始、臨時休業あり
2015年8月10日〜15日は夏季休業です

 


東京室内樂工房ホームページ